岡山市 北区 野田 大元 歯科 鈴木歯科医院|一般歯科 小児歯科 審美歯科 ホワイトニング 口腔外科

岡山市北区野田2-4-1 シティセンタービル1階

TEL:086-243-7324

審美歯科

EPARK歯科 予約はコチラ

スタッフ募集

鈴木デンタルクリニック鈴木歯科医院

HOME»  審美歯科

クラウン比較表

種類 見た目の
自然さ
変色し
にくさ
すり減り
にくさ
体に
やさしい
白いクラウン 自費 オールセラミック ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
メタルボンド(純金使用) ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
メタルボンド(合金使用) ★★★ ★★★ ★★★ ★★半
ハイブリッドセラミック ★★★ ★★半 ★★ ★★半
保険 硬質レジン ★★
金属のクラウン 自費 ゴールドクラウン ★★ ★★★ ★★★ ★★★
保険 銀歯 ★★★

インレー(詰め物)・ラミネート比較表

種類 見た目の
自然さ
変色し
にくさ
すり減り
にくさ
体に
やさしい
白いインレー 自費 オールセラミック ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
ハイブリッドセラミック ★★★ ★★半 ★★ ★★
保険 コンポジットレジン ★★
金属のインレー 自費 ゴールド ★半 ★★★ ★★★ ★★★
保険 銀歯 ★★★
ラミネート 自費 オールセラミック ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
ハイブリッドセラミック ★★★ ★★半 ★★ ★★

入れ歯比較表

種類   丈夫さ 快適さ 熱の
伝わり
体への
やさしさ
食べ物の
味わい
軽さ
トータル
評価
自費 金・プラチナ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
  ステンレスメッシュ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★★ ★★半 ★★★
  純チタン・チタン合金 ★★★ ★★★ ★★半 ★★★ ★★★ ★★★ ★★★
  超硬質コバルト
クローム合金
★★★ ★★★ ★★半 ★★ ★★ ★★ ★★
  コバルト
クローム合金
★★★ ★★★ ★★半 ★★ ★★ ★★ ★★
保険 プラスチック ★★半

使用素材の特徴

オールセラミック

金属を使わないセラミックだけでできています。
より自然な色合いと形を再現します。
長年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。

メタルボンド(純金使用・合金使用)

純金は、メッキの技術を応用して、より精密なかぶせものを作り、その上からセラミックを焼き付けています。歯茎との境目に気になる黒ずみがでにくく、明るく仕上がります。
合金のものも同様に、合金にセラミックを焼き付けたもので、強度に優れ、保険のプラスチックのかぶせものとは異なり、磨り減らず、変色もありません。

ハイブリッドセラミック

セラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材です。
保険のプラスチックよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。

レジン

樹脂でできています。
永年使用していると、変色したり、擦り減ってしまうこともあります。

ゴールド

金合金はしなやかで歯との適合性もよく、天然歯に近い硬さでかみ合う歯を傷めませんし、歯茎との境目も黒くなりません。
噛む力の強い奥歯での使用に向いています。

プラチナ(入れ歯)

昔から体に安全とされています。
仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ピッタリ合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。金属のしなやかさが歯のダメージを少なくします。

銀歯

噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることがあります。

ステンレスメッシュ(入れ歯)

網目状にミクロの孔が無数にある特殊な金属を使っています。この孔によって食事の時も味も温度も瞬時にお口全体に広がり、特にビールの泡などは口全体で直接実感できる入れ歯です。

純チタン・チタン合金

チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり、用途に応じて使い分けをします。

(超硬質)コバルトクローム合金(入れ歯)

永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。超硬質のものは、丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着間や快適感が得られます。一つずつ丹念に人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこし、プラスチック部分も自然な色に仕上がります。基本のものでは、金属床の良さを生かしつつも、歯にかかるバネのデザインを限定するなどして、費用を抑えることができます。

プラスチック

保険で使用できる材料です。
樹脂を素材にしたかぶせもので、永年使用していると変色したり、擦り減ってしまうことがあります。
力のかかる奥歯のかぶせ物については補強する金属を使用することができないという制限があります。
入れ歯では分厚くなったり、快適さが損なわれたり、口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

ページトップへ戻る